スポンサーリンク
ショートストーリー

頭ヶ島天主堂/世界遺産の天主堂のひと【長崎県・新上五島町】

Ⓒながさき旅ネット 頭ヶ島(かしらがしま)天主堂は、有川から1日3往復(当時)だけ運行されるバスの終点、島の最東端にありました。 有川にある病院からの帰りでしょうか、全員が顔なじみらしい数人のお年寄りと、この島の人は誰も知らな...
エモ旅 ‐emotionalな場所

御手洗は、時が止まった懐かしい島【広島県・呉市大崎下島】

かつて首都圏のJRの通勤電車の車内吊り広告で、広島県が大々的な観光キャンペーンをやっていたことがありました。その中の1枚の写真に、僕はすっかり魅せられてしまったのでした。 そこにはこんな感じの町並が写っていたのでした。 ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

直島ベネッセハウスで、プライスレスな貸切ナイトミュージアムを【香川県】

直島には前にも一度来たことがあり、想像以上に素晴らしいところだったのですが、その時は直島には泊まる予定にしておらず、後ろ髪を引かれる思いで夕方、島を出た覚えがあります。 特にその時訪れたベネッセミュージアムでは、美術館の中...
スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

豊島美術館&犬島精練所美術館【瀬戸内国際芸術祭/香川県・岡山県】

瀬戸内国際芸術祭の会場である豊島(てしま)と犬島(いぬしま)。 豊島は香川県、犬島は岡山県と県は違いますが、フェリー航路の関係上、この2つの島をセットで巡るお客さんが多いのです。 双方とも小さな島ではありますが、それ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

坂道・古民家・海からの風 男木島/瀬戸内国際芸術祭【香川県】

2013年瀬戸内国際芸術祭で、女木島のあとに訪れたのは、男木島。 読み方は「おぎじま」。「おとこぎじま」ではありません。 だけど、誰もがしそうなその勘違いを、ちゃんと見越して企画された「男気プロジェクト」というアート...
エモ旅 ‐emotionalな場所

ワンダー感満載!女木島は伝説の鬼ヶ島【香川県】

瀬戸内海の島々を舞台に、3年に一度開催される現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」。 その第2回目が開催された2013年の夏、瀬戸内の島々を巡ったのですが、そのとき最初に訪れたのが「女木島(めぎじま)」。 この芸術祭が...
B級スポット/珍地名

しまなみ海道サイクリングと耕三寺【広島県尾道市・生口島】

しまなみ海道といえば、サイクリングのメッカ。 広島県の尾道から愛媛県の今治まで70キロにも及ぶサイクリングロードが整備され、いつかここをサイクリングしてみたいと思っていたのでした。 そんなわけでとある夏休みに中国・四国の家族...
絶景ものがたり

海を見下ろす美しい教会・青砂ヶ浦天主堂【長崎県・五島列島】

僕が初めて五島列島に行ったのは、まだ五島が世界遺産に登録される前のことでした。 当時はやっていた位置ゲーで、どうしても五島列島に渡らざるを得ず(五島に限らず、おかげで日本全国の離島を巡りましたが)、半ば義務的な感じであまり大きな期...
絶景ものがたり

ローソク島遊覧船で隠岐屈指の絶景を【島根県・隠岐の島】

後鳥羽上皇、後醍醐天皇、そして僕。 いにしえより高貴なる人間が流され、悪事を償い、煩悩も捨て、自らを省みる島が隠岐。 その隠岐の中でもとっておきの絶景地、かつ懺悔の場所がローソク島と呼ばれる水中に立つ奇岩。 まるで改...
エモ旅 ‐emotionalな場所

「ないものは、ない」。島の未来を変えた町と学校【隠岐國海士町・隠岐島前高校】

日本の中でももっとも過疎化が進んだ辺境の地のひとつ、と思われている島根県。 その島根県の、さらに辺境にある隠岐群島に、都会から若い学生たちがこぞって留学してくる高校があります。 それが隠岐の国、海士町(あまちょう)にある隠岐...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました