スポンサーリンク

ナイスミドル「ひとり糸島インスタジェニックの旅」【福岡県】

ここ数年で福岡を代表するインスタジェニックな場所として知られるようになった糸島

もちろん男ひとりで行くところじゃないことは重々承知していたのですが、実はちょっと行ってみたかったのです。

そんな時、たまたま福岡に滞在してワーケーション(ワーク+バケーション=仕事と休暇を混ぜながらリゾートなどで過ごすこと)をする機会があったので、つい魔がさして行ってしまったのです、50代ナイスミドルがひとり糸島へ・・・

スポンサーリンク

ワーケーション中の「バケーション(休暇)」で糸島へ

ここ最近よく聞くようになった「ワーケーション」

新型コロナの影響でリモートワークが進み、人によってはもうほとんど会社に出勤しなくても済むケースもあるようです。

ということはもうどこで仕事しててもいいんじゃない?

と思うのが僕のような旅人の性。

このワーケーションが最初に話題になった時、世論的には

なんで旅行中に仕事しなきゃいけないんだよ!

といったような否定的な意見が多かったのですが、風祭旅人の性研究所所長の私の解釈はそーじゃないんです!

ワーケーションとは休みの日にサービスで仕事をするわけじゃなくて、休日と休日の間に旅先でする仕事を勤務として認めてもらうことによって、ちょー長期滞在とかできちゃうことなんです!

例えば2021年のGWも、途中にある邪魔な3日間の平日を旅先で仕事をして勤務扱いにすれば、なんと11日間の長期旅行に行けるのです。

そんなわけで、今回僕はワーク2日間、(有休休暇も一部入れて)バケーション10日間という計12日間のワーケーションを九州で行ったのです。

最初は福岡でワーケーションしていたのですが、とある休暇日、前夜から降っていた雨が午前中に止んだので、半日くらいで行けるところに出かけることにしました。

・・・いや、それちゃうて。

たまたま泊まっていたのが親不孝通りの先にあるホテルだっただけで、今回は神に誓って夜の街には繰り出していません(若かりし頃には何度か徘徊しましたが)。

僕が向かったのは前からちょっと気になっていた糸島でした。

桜井二見ヶ浦のインスタ写真

糸島の最寄駅はJR筑肥線の筑前前原駅ですが、有名な観光スポットは駅から離れた糸島半島の海岸沿いに多いため、徒歩では行けません。

バスもあるのですが中途半端な本数で、レンタカーでもちょっともったいないので、今回はレンタサイクルを借りてみます。

糸島に向かう道を、きれい目カジュアルにキメたナイスミドルが、ママチャリで爆走する姿を見かけて胸キュンしちゃった貴女!これを読んでいたらこの場を借りてお詫びします、ごめんなさい。

最初はなだらかだった糸島への道が、やがて低い峠のような場所を越えると海が近くなり、おしゃれなお店が現れはじめます。

これは野菜や農産物直売所。卵が有名でソフトクリームとかスイーツもおいしいようです

やがて海岸沿いに出て、最初にあるのが桜井二見ヶ浦

海岸から約150m沖にご神体の夫婦岩があり、向かって右が男岩で高さ11.8m、左が女岩で高さ11.2mだそうです。

GW初日ですが午前中雨が降っていたので、空いていた方だとは思いますが、それでもカップルとか女子たちがスマホ片手にポーズ取りまくってます。

せっかくなので僕も連れをモデルにこんな写真撮ってみましたが、いかがでしょうか?

50代ナイスミドルがインスタジェニックなことをやるのは結構恥ずかしいです。

「#天使の羽」とか「#ジハングン」とか

二見が浦をさらに奥に進むと、南国リゾートの複合施設のような「パームビーチ・ザ・ガーデンズ」を通ります。

ここにある「天使の羽」の写真がまさに糸島人気の火付け役になったスポット。

インスタ映えの聖地!福岡「糸島」の女子旅1日観光モデルコース | 福岡県 | LINEトラベルjp 旅行ガイド
“インスタ映え写真が撮れる!”と人気急上昇中の糸島(福岡県糸島市・福岡市)。海に囲まれ自然豊かな地でありながらも、オシャレスポットが目白押し。また、ご当地グルメも充実したエリアであり、とりわけ女子に注目が高い観光地です。今回は、女子旅にピッタリな「糸島1日観光モデルコース」をご紹介します。オシャレスポットや旅の思い出を...

もちろん僕もこのサムネイルのような写真を取りたかったのですが、残念ながら連れは鳥だったので、

私、羽あります!

と全力で拒否られてしまい撮れませんでした。

ちなみに上の記事を書いた権丈さんは、僕のライター仲間ですが、まったく知らない女性に声をかけてこの写真のモデルになってもらったそうです(たぶんこの記事に出てくる女子はすべてそう)。

やるじゃん、けんじょーさん!同じナイスミドル世代としてそのテクニック教えてほしいぞ!

「パームビーチ・ザ・ガーデンズ」の近くにあるカフェ「SUN SET(サンセット)」も有名ですね。

写真AC(転用禁止)

夕日の時間ではなかったので、イメージ写真お借りして載せておきます。

そして糸島の最新インスタスポットと呼ばれているのが「#ジハングン」

ここはその名前(自販群)の通り、本物の自動販売機の前に自販機に似せたオブジェが3台並んでいるので、そこでキメポーズとかとっちゃったりするのが定番!

写真AC(転用禁止)

そうです、ここはこーゆー写真撮るところです。僕の写真じゃないけど。

だんだん50代ナイスミドルがひとりで来ちゃいけないところのような気がしてきました。

それでも脇にあったブランコで男子4人の若者たちがきゃっきゃ言いながら写真撮ってたので、少し元気になりました。

今は彼女もいなくてつらいだろうけど、そのうちいいことあるぞ!明るく生きろよ、若人!

そんなわけで僕もインスタアップしてみます。

まるでここでワーケーションしてるかのようなマジック投稿になってしましましたが。

糸島のトトロの森?

糸島半島の北端に近いところにあった「#ジハングン」から戻る途中の海。

八重山の離島みたいな雰囲気ですね。

そしてその近くのグランピング施設、「LASPARK RESORT(ラズパークリゾート)」

本当にこんなところでワーケーションできたら最高でしょうね。

LASPARK RESORT | 福岡都心から最も近い統合型リゾート施設
2021年1月福岡都心から最も近い、統合型リゾート施設が誕生。大自然に囲まれた中でグランピングを満喫できるラズパーク リゾートへようこそ。

2021年3月31日にグランドオープンしたばっかりだったんですね。大変な時期の開業だけど、ぜひ頑張ってほしいですね。

さらに西へと進むと、これもまたインスタスポットとして有名な「ロンドンバスカフェ」がありました。

けんじょーさんを見習って誰かモデルをナンパしようと思いましたが、誰もいないので、スルーします。

糸島の最後の訪問地は「芥屋の大門(けやのおおと)」と呼ばれるところ。

写真AC(転用禁止)

ここは写真の通り、玄界灘にそそり立つ奇岩で、遊覧船でめぐる景勝地なのですが、最近人気になっているのがその展望所に行く途中の道。

写真AC(転用禁止)

深い森の中を登る道は「糸島のトトロの森」と呼ばれいるので、どんなもんだか行ってみたのです。

おおおおお、結婚式?めでたい!

どうやら近くで結婚式を挙げたカップルが記念撮影をしているらしいのですが、撮影に時間がかかって通行止め状態。

しばらく待ってたんだけどなかなか終わらないので、この先に行くのはやめて戻りました。

道もぬかるんでて白い靴が汚れそうだったしね。

うしろに両家のお母さんがいて、先に進まずに戻る僕にしきりに謝ってくれたけど、別にお母さんたち悪くないから。この撮影業者が気が利かないだけだしね。

糸島、噂にたがわず映えるスポットたくさんありました。

でもせっかく行くならやっぱりモデルになりそうなパートナーと一緒に行った方がいいかな。

現地でモデルをナンパするというまさかの50代ナイスミドルもいるみたいだけど、シャイでピュアな僕にはちょっと難しかったかな。

あ、そうだ、今回はちゃんと連れもいたんだった。。。

<2021年4月訪問>  最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

糸島への旅

僕の関係する会社です。予約はぜひこちらで!

福岡・太宰府のホテル・旅館・宿<福岡県>│おすすめ宿泊予約【JTB】
福岡・太宰府<福岡県>のホテル・旅館・宿の宿泊予約なら【JTB】。GoToトラベルキャンペーン対象施設も、旅行・出張に嬉しいお手頃価格プランも、特別な日のお祝いプランも、あなたにぴったりの旅行がきっと見つかります。
【福岡・サーフィン体験】初心者歓迎!福岡糸島のサーフスクールでスキルアップ!|アソビュー!
【最安値保証】【福岡・サーフィン体験】初心者歓迎!福岡糸島のサーフスクールでスキルアップ!を予約するなら日本最大のレジャー情報サイトアソビュー!へ。福岡市(博多駅周辺・天神周辺)のサーフショップ・サーフィンスクール その他の魅力を写真・動画で紹介中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました