スポンサーリンク

知られざる絶景めぐり!国賀海岸遊覧船と摩天崖【隠岐/西ノ島】

後鳥羽上皇、後醍醐天皇そして僕

いにしえより高貴なる人間が流され、悪事を償い、煩悩も捨て、自らを省みる絶海の孤島が隠岐。

今回その隠岐の西の島にある「国賀海岸」「摩天崖」という絶景地を紹介します。

個人的には日本の数ある絶景地のなかでもかなりインパクトがある場所だと思うのですが、いかんせん遠い隠岐、あまり知られていないのが残念です。

スポンサーリンク

国賀海岸観光船のキムタクカップル

国賀海岸は、隠岐島前(どうぜん)3島と呼ばれる中ノ島・西ノ島・知夫里島のうちの西ノ島にあるため、まずは西ノ島の玄関口、別府港に到着します。

別府港からバスで20分ほど、西ノ島町の中心にある浦郷港から国賀海岸観光船が出発します。

今回はGWだったので、予約までしちゃってました。普通は観光船の予約なんかまずめったにしないんだけど。

予約までして遊覧船に乗るなんて、いつもはクールでフリー、まるでキムタクがちょっと思い立ってひとり旅してるみたいなセクシーな風祭さまらしくないわ。

とおっしゃるご貴女に私は言いたい。

わざわざ隠岐に来て、この海岸美を見なくてどーするんですか、と。

そんなわけで国賀海岸観光船は、満員のお客さんを乗せて浦郷港を出発!(よかったじゃん、予約してて・・・)

浦郷港は入り組んだ内湾にあるので、日本海の外洋に面した国賀海岸に行くには地図上ではぐるっと島を回らなくてはならないのですが、ここには船引運河と呼ばれる水路が作られていて、こうして民家の脇を通り抜けて日本海の外洋へとショートカットできるようになっています。

運河を走ること数分、外浜と呼ばれる海水浴場の横を通り過ぎ、日本海の外洋に出ると観光船はスピードをあげ、国賀海岸の断崖、奇岩が現れてきます。

どうですか、これ。
まるで海のグランドキャニオンみたいじゃないですか!
ちょっと言い過ぎ感は否めませんが。

これがこの国賀海岸のハイライトのひとつ、摩天崖(まてんがい)

巨大なナイフで垂直に切り取ったよう、と例えられますが、海蝕作用によってできた海抜257mの大絶壁で、日本有数の高さを誇ります。
そう、僕は海からこの姿を見たくてこの観光船に乗ったのです。

この、なんびとをも寄せ付けぬ、孤高の断崖のように、
ああ、欲多き我が煩悩よ、断ち切れたまえー

と言って煩悩を浄化したかったのですが、そんな気持ちで摩天崖を見つめる僕の視線の先に、どうも気になる姿が映るのです。

涼しげな白いロングのスカート、潮風に揺れるナチュラルなひし形ボブの髪、長いつばの帽子の下で、眩しそうに目を細めて、摩天崖を見つめる横顔。

おおお、いいじゃないか摩天崖のマドンナ!

そんなわけで摩天崖を見る彼女越しに摩天崖を見る、という煩悩断ち切りにはまったく適さぬ環境におかれた僕が、ええい、煩悩延長!と思いかけた時、まるで普通の旅人のごとくにさりげなく大衆に紛れ込んでいるキムタクのような、麦わらのカンカン帽をかぶったよく日焼けしたオトコが船内から現れ、彼女の横に座ったのでした。

うーむ、いつもは俺もキムタクなんだが、今日は観光船に予約までしちゃって乗ってるから、気持ち的にちょっとキムタクっぽくないんだよな。
・・・・・無駄な戦いを挑むのはやめよう。

やはり隠岐は僕に「煩悩を断ち切れ」と暗示しているようでした。

洞窟くぐりと通天橋

さて、海面から垂直に切り立った段崖絶壁の下には、いくつもの自然の洞窟ができていて、海が穏やかな日はこの観光船でその洞窟の中に潜入できるのです。

その中のひとつ、摩天崖のすぐ横の乙姫御殿に潜入した様子がこれ。

[広告VPS

この日はこのほか2つの洞窟をくぐったのですが、観光船は結構狭い岩場の中を、器用に通り抜けていきました。

国賀海岸のもうひとつのハイライト、通天橋
浸食されて繰り抜かれた岩の門の姿もスゴイのですが、この地表の色もスゴイ。
まさにジオパーク隠岐、って感じですね。

この先も途中で観音岩があったり(ローソク岩と言われることもあるようです)

人面岩があったり(ガイドブックにないので、僕の発見、命名)、

まあ、ここで紹介しきれないくらいの見どころがあり、国賀海岸、さすが!という感じでした。

ということで皆さんもカッコつけずに、ぜひ国賀海岸観光船に乗っていただきたい、と思います。
(キムタクも乗ってたしね)

国賀海岸ビーチ散策と摩天崖登山

日付が変わって翌日、今度は海からではなく、陸からこの絶景を攻めてみます。

崖の中腹あたりにある駐車場から、まずは国賀海岸のビーチまで下ります。

断崖絶壁の続く、この隠岐国賀海岸の中で奇跡的に残っているわずかなビーチ。
まあ石でゴツゴツなのでビーチとは言わないか。。。

岩場の中に国賀神社がありました。

これがビーチからみた通天橋。

この場所まで下りてきちゃうと摩天崖が見えないので、このまま帰るのは惜しいような気もするのですが、ここからまた高さ257mの大絶壁の上まで登るのは結構キツイぞ、と思い、とりあえず摩天崖が望めるところまで、というつもりで登山道を上り始めます。

おおお、けっこう登ってきたぞ!

幸いなことに、摩天崖の頂上に行く途中に展望所があるようなので、ここまで頑張って行ってみることにします。

展望所から見た摩天崖。

ううむ。直角ですな。

昔、頭の後頭部が直角に近くて、絶壁とか呼ばれてた友達がいましたが、彼の頭にそっくりです。

崖の上に人がいるのが見えますが、点みたいなもんです。
僕はとてもじゃないけど怖くてあそこまで近づけないなあ。

展望所から国賀海岸方面。
この正面の崖の上にあるのが赤尾展望台で、ここもまた絶景です。

展望所から戻る途中、摩天崖を背にした草原に、牛が一匹だけいるのを発見しました。

これぞ隠岐西ノ島の風景、雄大ですね。

<2017年5月訪問> 最新の情報は公式サイト等でご確認ください

国賀海岸への旅

僕の関係する会社です。予約はぜひこちらで!

西ノ島のホテル・旅館・宿<島根県>│おすすめ宿泊予約【JTB】
西ノ島<島根県>のホテル・旅館・宿の宿泊予約なら【JTB】。GoToトラベルキャンペーン対象施設も、旅行・出張に嬉しいお手頃価格プランも、特別な日のお祝いプランも、あなたにぴったりの旅行がきっと見つかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました