エモ旅・甲信越

スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

わりと攻めてる飯山線「おいこっと」と日本3大車窓「姥捨駅」【長野県】

長野駅と上越線の越後川口駅を結ぶ飯山線。ここに「おいこっと」と呼ばれる観光列車が走っています。 信濃川に沿ってのどかな里山の中をのんびりと走る列車なのですが、その名前の由来は想定外。わりと攻めてます。 今回はそんな「...
エモ旅 ‐emotionalな場所

阿賀町の清く正しく美しいパイセンと遊ぶ【新潟県・阿賀町】

新潟と福島の県境、阿賀野川に沿った山間の小さな盆地の町、阿賀町。僕が会社に入って最初に厳しい指導を受けたパイセンが、数年前から半ばこの阿賀町に移り住んで、町おこしをしているのです。 いつか行きたいとは思っていたので、時々パ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

雁木の高田城下町と日本3大夜桜、高田城【新潟県上越市】

新潟県上越市の高田はかつて藩庁がおかれ、城下町として栄えた町。同じ上越市でも交通の要所である直江津は昔からなじみがあったのですが、内陸にある高田のことはあまり気にしてなかったのです。 ところがこの高田、行ってみたらなかなか...
スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

日本一の酒飲み列車「越乃Shu*Kura」乗車体験記【新潟県】

「越乃Shu*Kura」と書いて『こしのしゅくら』と読む。 はい、みなさんご想像の通り、大酒飲みのための列車です。 新潟といえば日本酒。その「新潟の日本酒」をコンセプトとした観光列車が、この「越乃 Shu*Kura」...
エモ旅 ‐emotionalな場所

若いツバメとか燕三条の磨き屋職人とか【燕三条地場産センター】

新潟の燕市、三条市といえば「洋食器」。 中学校時代くらいまで、まあまあ地理が得意だった僕にとって、今でもその組み合わせはスラスラ出てくるのですが、今まで一度も燕三条に下りたったことがなく、特製の200万円くらいの洋食器セッ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

ぼくと娘がアートに目覚めた日。越後妻有「大地の芸術祭」【新潟県】

大地の芸術祭―越後妻有アートトリエンナーレは、新潟県越後妻有地域(十日町市、津南町など)で開催される世界最大規模の国際芸術祭といわれ、2000年が第一回目の開催で、以降3年に一度行われています。 ちなみに妻有は「つまあり」...
エモ旅 ‐emotionalな場所

これぞ真田丸列車!しなの鉄道「ろくもん」に乗車【長野県】

長野新幹線開通後にJRから経営移管された「しなの鉄道」の軽井沢駅から長野駅までを走る観光列車「ろくもん」。 「ろくもん」とは沿線の歴史的な武将、真田家の家紋「六文銭」のこと。 NHKの大河ドラマ「真田丸」がスタートし...
エモ旅 ‐emotionalな場所

小布施堂のモンブラン朱雀でクリ三昧!【長野県・小布施町】

長野県の小布施町は、重厚な伝統的景観や歴史文化、地場産業をうまく活かした計画的なまちづくりの成功例として有名です。 CREAあたりはもちろんのこと、婦人画報レベルの雑誌にまで特集されるような信州のおしゃれなまち、というイメ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

地獄谷野猿公苑にスノーモンキーがやってきた!【長野県】

雪深い信州の野天の温泉に浸かって至福の表情を見せるニホンザル。 Wowwwwww! This is Cool Japan! という感じで、外国人観光客から大人気となっている場所が、長野県の地獄谷野猿公苑。 僕が...
エモ旅 ‐emotionalな場所

射的に卓球、千と千尋の神隠しの宿【長野・渋温泉/後編】

渋温泉は渋いぞ!(別に親父ギャグではない)ということで渋温泉に行ってみたお話の後編。 温泉に来ると、普段はホテルでゆっくりすることが多く、特に夕食後に外を出歩くことはめったにないのですが、渋温泉は夜の温泉街散策も楽しい、と...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました