日本に恋するショートストーリー

スポンサーリンク
ショートストーリー

宇和の白衣のアスリート【愛媛県】

台風の悪戯で、どこからか飛ばされてきた小枝やら葉っぱやらが、その狭い路地にも散らかっていたのかもしれません。彼女は、白衣姿でしゃがみこんだまま、一心不乱に何かを集めているように見えました。あまりにも夢中になっていて、その白衣の中からスカー...
ショートストーリー

日本で一番星に近い七夕デート 【富山県】

「ねぇ、立山の室堂に行かない?」未来の大女優を目指して、とある劇団に所属しながらも、生活のためアルバイトとして便利屋集団の手伝いをしている、知人の女の子から突然メールが入りました。 「いつ?二人でってこと?」彼女から個人的に...
ショートストーリー

平成版「砂の女」第三章 ~そして砂丘へ【山形県・酒田市】

都営最長距離路線バスで出会った不思議な女とともに、まるで安部公房の「砂の女」の世界へと迷い込んでしまった僕。 砂の館に女と共に幽閉されたまま、蟻地獄のように一生抜け出せないのでしょうか。 (これは全3編中の最終章です) ...
スポンサーリンク
ショートストーリー

平成版「砂の女」第二章 ~The Woman in the Dunes

都営バス最長距離路線に乗って、あてもなく青梅に向かっていた、とある年の5月半ばの休日。 そのバスで不思議な女と出会い、誘われるままにキネマクラブへと向かったところ、そこは世にも不思議な夢幻のような場所だったのです。 ...
ショートストーリー

平成版「砂の女」第一章 ~都営バス最長距離路線の女【東京都】

かつて西武新宿線の西武柳沢駅から青梅車庫まで、都営バスの最長距離を走る、知る人ぞ知る路線がありました(現在も距離を短縮して存在はしています)。 その距離31.8キロ、定時走行時間は約1時間45分。運賃580円。 わざわざ2時...
ショートストーリー

ホタル/ほたる【長野県・辰野町】

「ほたるが見たい」 5歳の娘が突然そんなことを言いました。それが20数年前、ある人から聞いたセリフと全く同じだったので、僕は最初、ちょっとびっくりしてとまどったのだけれど、結局、娘を連れてホタルを見に行くことにしました。 ...
ショートストーリー

十三詣り/二十三詣り 【京都・嵐山】

京都の嵐山・法輪寺で十三詣りを終えた子供たちは、渡月橋を一度も振り返ることなく渡り終えると、一様に緊張から解き放たれたような笑顔を見せるといいます。 そう、この十三詣りには、お詣りのあと、渡月橋を渡り終えるまで絶対にうしろを振り返っ...
ショートストーリー

別れ道 ―バス停ものがたりVol.3【埼玉県・新座市】

その昔、『別れ道』という不思議な名前のバス停の前にあるマンションに住んでいたことがありました。 それは長く長く続いてきた一本道が、名残惜しくも意を決したように右と左に、あるいは東と西に別れる、まちはずれの一角のような名前でし...
ショートストーリー

たまらん坂/多摩蘭坂 バス停ものがたりVol.2【東京都・国立市】

「私、たまらん坂に住んでるの」 彼女がそういうと、まるで誰かがかわいい童謡の一節を歌っているかのように聞こえました。 たまらん坂? 僕がそう聞き返すと、彼女はそれが国立と国分寺のちょうど市境にある坂であること、...
ショートストーリー

幸せの黄色いバス ―バス停ものがたりVol.1【鹿児島県】

バスを待っていました。 鹿児島に出張していたときのことです。 初めて訪れる小さな町の、南国風の街路樹の下のバス停でした。 僕の隣には、南国にしては珍しい、透きとおるように色の白い女子高生がいるだけでした。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました