エモ旅・北海道

スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

寿司寿司いくらラッキーピエロ!函館やりすぎグルメの旅

「死ぬほどいくらが食べたい!」と娘が言うので函館に行くことにしました。 本当はGo To トラベル使って南国の星野リゾートとかで豪遊しようと思ってたのですが、新型コロナの第2波が来て、沖縄の離島はさすがに今行ったらまずいだ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

アルテピアッツァ美唄は、史上最高のデートコース【北海道】

北海道の中央部、美唄に「アルテピアッツァ美唄」というアートパークがあります。 美唄出身の彫刻家、安田侃さんの作品が並ぶその彫刻美術館は、北海道のゴールデンルートに組み込まれるようなメジャーな観光地ではありませんが、北海道の...
B級スポット/珍地名

不二子の巨乳と霧多布湿原【北海道・浜中町】

北海道のJR花咲線(根室本線)を走るルパンラッピング列車に偶然出会った僕。 どうやら沿線の浜中町が、ルパン三世の作者である故モンキーパンチ氏の故郷であることから「ルパンタウン」になっていることを知った僕。 名前は知っ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

納沙布岬で「帰って来いよ」を唄う【北海道・根室市】

北海道・根室市の納沙布岬は北方領土を目の前にした本土最東端の地。 それまで根室には何度か来ていたのですが、納沙布までは行ったことがなかったのです。 特に深い理由はないのですが、若き日々においては「別に岬があるだけだろ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

快速ルパン号、最果てを行く【北海道・花咲線(根室線)】

北海道の東の果てにルパン列車が走っているのをご存知ですか? アニメ「ルパン三世」の作者、故モンキー・パンチ氏の出身地が北海道の道東、浜中町であることから、その沿線の花咲線(根室本線)を中心に、ルパン三世のラッピング列車が運...
エモ旅 ‐emotionalな場所

札沼線・新十津川駅にさよなら【北海道】

もうこれで最後かも、と思ってたけど、また来てしまった、という場所ありますよね。 僕にとっては、2020年5月に廃止される北海道・札沼線の新十津川駅もそのひとつ。 一番最初に行ったときは特に廃止云々の話もなかったので、...
エモ旅 ‐emotionalな場所

羊をめぐる冒険ホテル 「青い星通信社」【北海道・美深町】

北海道の北のほう、人口約5000人にも満たない小さな町に、まるで村上春樹の「羊をめぐる冒険」に出てくるかのような小さなホテルがあるのだといいます。 その話を聞いた瞬間、これは僕が行かなくてはならないホテルだ、と思ったのでした。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました