珍地名

スポンサーリンク
B級スポット/珍地名

青森・田舎館村の駅舎アートがスゴい!【弘南鉄道・田舎館駅】

田舎館と書いて「いなかだて」。 いくら青森の、見渡す限り田んぼしかないド田舎(失礼…)にあるからって、その名前は堂々としすぎてるだろう・・・と昔から気になっていた場所でした。 今回弘前から黒石に向かう途中、たまたまバ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

夜明の駅で、1年の夜明けを【大分県/夜明駅】

大分・日田市のはずれ、久大本線に「夜明」という駅があります。読み方はそのまま「よあけ」。 僕がこの夜明駅の存在を知ったのは中学生の頃。たまたま図書館で借りた本が、鹿児島の枕崎駅から北海道の広尾駅まで国鉄の一筆書き切符(発駅...
B級スポット/珍地名

Fly me to the moon ~月まで、あと3km。【静岡県浜松市】

静岡県浜松市の山奥にある道路看板「月まで3キロ」。 この先に何があるのか、ずっと行ってみたかったのです。 そしてとうとうその秘密を探るべく相棒「フライミー トューザムーン」号に乗って月へと探検しに行ったお話です。 ...
スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

ちょっと生意気な美利河を探す旅~美利河ダム【北海道・今金町】

「美利河」と書いて「ピリカ」と読む。 この30年前のキラキラネーム女子のような地名がずっと気になっていました。 ただしそこは北海道の長万部から10数キロも山間部に入ったところにあるため、何かのついでに寄るような場所に...
B級スポット/珍地名

三途の川を越えると「壇蜜の部屋」だった?【群馬県・甘楽町】

珍名マニアの中では有名な場所の一つに群馬県甘楽町の「三途川」があります。 三途の川と言えば、冥途にあり「この世」と「あの世」を分ける川。 はたしてこの川を渡った先になにがあるのか、そこにあるのは極楽浄土なのか、はたま...
B級スポット/珍地名

「朝立」とか「土居仲」とか ~四国でもっとも阿呆な旅【愛媛県】

「世界でもっとも阿呆な旅」という世界中の珍名を集めた安居良基さんの本は、僕の旅のバイブルの一つとしてこのサイトでも紹介していますが、今回はその四国編。 僕としては、行こうと思っていた場所の近くに「たまたま」珍名スポットがあ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

寅さんも歩いた町、筑前の小京都・秋月【福岡県・朝倉市】

秋月は福岡県朝倉市にある古い城下町。 筑前の小京都とも呼ばれ、どこか哀愁のある古い街並みは「日本の原風景」に近いのかもしれません。 「日本の原風景」と言えば寅さんが好んで歩いた町。そう、この秋月も「男はつらいよ」の舞...
B級スポット/珍地名

浮気町【滋賀県・守山市】

浮気町と書いて「ふけちょう」と読みます。ここは僕の旅のバイブルの一つである、『世界でもっとも阿呆な旅』(安居良基著 幻冬舎、2009年)でも取り上げられている、知る人ぞ知る日本の珍地名のひとつです。 きっとそこはめくるめく...
B級スポット/珍地名

珍名をめぐる旅 「ヤリキレナイ川」【北海道・由仁町】

僕のバイブルの一冊に 安居良基氏の名著「世界でもっとも阿呆な旅」という本があります。 これはタイトル通り「スケベニンゲン」とか「エロマンガ」とかアホ、マルデアホ、シリフケ…みたいな珍名スポットにただ行ってみるだけの、一般...
B級スポット/珍地名

「麒麟がくる」聖地はSNS映え必至のワンダースポット?【岐阜県・明智町】

(ちょっとエリカ様がやらかしちゃったけど)2020年1月19日、満を持してスタートしたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。 主人公、明智光秀の生誕地といわれる岐阜県恵那市明智町はめっちゃ盛り上がっています! ところが...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました