スポンサーリンク

JR九州「はやとの風」とか「前立腺の友」とか【鹿児島県】

JR九州はユニークな列車がたくさん走っていることで有名ですが、この 「はやとの風」もそのうちの一つ。

とある年の冬、会社の会議が鹿児島で行われた翌日、なぜか公式行事としてみんなでこの列車に乗ったことがありますのでその様子をお伝えします。

そして帰りの鹿児島空港到着前に寄ったお土産店で発見したのは「前立腺の友」…

スポンサーリンク

JR九州「はやとの風」初乗車!

目覚めると、窓の外から桜島がどどーん!
おはよー、桜島!

このすんばらしい眺めは、かごんまの城山ホテル鹿児島の客室から。
そうなんです、会社の会議で鹿児島に来て、鹿児島の迎賓館といわれるこのホテルに泊まったのです。

城山ホテル鹿児島は市街と桜島を見下ろす高台にあるので客室からの眺望が最高
城山ホテル鹿児島(るるぶトラベル)

会議が終わった翌日のこの日、現地の観光スポットの視察という、我が社恒例の血を吐くような厳しい研修があります。

そんなわけで、場面は鹿児島中央駅へと変わります。
今日はこれから「はやとの風」というJR九州の人気観光列車に乗るというスケジュール。
しかしホームに行ってみると、ん?そこにいるのは「いぶたまくん」じゃないっすか?

「いぶたま」というのは「指宿のたまて箱」という、これまたJR九州の人気観光特急。
ドアが開くと、たまて箱みたいに煙が出てきて、これであなたも浦島太郎&乙姫様気分!みたいなワンダーな列車で、本来は鹿児島中央~指宿駅を1日3往復運行しているはずなのです。

僕はこの列車には乗ったことがあるので、おかしいぞ、と思っていると、2両編成のもう1両の方には本来の「はやとの風」の車両が。

事情はよくわかりませんが「はやと」の車両の1両がメンテナンス中か何かで、代車として「いぶたま」が運用されているんでしょうかね?
細かいことなんですが、こういう車両違いとかを説明せずスルーすると「鉄男の部屋オンライン」とかで炎上する可能性があるので、念のため。

この「はやとの風」は鹿児島中央駅と鹿児島県の北部、宮崎県境に近い吉松駅を結ぶ観光列車

「はやと」とはもちろん薩摩隼人(さつまはやと)の「はやと」だと思うのですが、実は九州新幹線の「つばめ」の愛称を公募した時に、最も応募の多かったのが「はやと」という名称だったので、それに「霧島を駆け抜けるさわやかな風」というイメージを加えて命名されたものなんだそうです。。

はやとくんは鹿児島中央を出ると日豊本線を東にすすみ、錦江湾に沿って走ります。

午前中だと逆光になっちゃうんですが、この車窓からの桜島、サイコーなんですよ!

九州を代表する木造駅舎の嘉例川駅と薩摩大隅駅

やがて「はやとの風」はJR日豊本線の「隼人(はやと)」の駅に到着。

隼人駅は日豊本線と肥薩線との分岐駅。

大学生の頃、僕が初めて九州に来たときにこの隼人で夜行列車を降りて肥薩線の朝の列車に乗り換えたのですが、なぜだかこの駅を通るたびに、その時駅のキオスクで田舎の素朴なパンと缶コーヒーを買って乗り込んだことを思い出します。
初めての九州、そして初めての肥薩線ですごくウキウキしてたんでしょうね。そんななにげない記憶がいつまでも残っているくらいですから。

そんなわけで、はやとの風は隼人を出ると肥薩線に入り、内陸部に進行方向を変え、ぐんぐんと高度を上げていきます。

奥の方にうっすらと見えるのは霧島連山でしょうか。

やがて、この観光列車のハイライトである「嘉例川駅」に停まります。

嘉例川駅は国の登録有形文化財にも指定されている鹿児島県内で最も古い木造の駅舎。1903年に開業以来の建物で、百年以上の歳月を刻んでいます。

うわー、チョーカッコいい!

「はやとの風」はこの駅で写真撮影用に5分間停車します。
昨日の血を吐くような厳しい会議に疲れ、車内ではすっかりまったりしていたおじさんたちも、この駅には「おおー」とか「すごいな、これ」。

この肥薩線にはもうひとつ、百年以上の木造駅舎が残っています。
それが嘉例川から2つ先の停車駅「大隅横川駅」

正月用の門松がまたいい感じですね。

この駅も国の登録有形文化財で「はやとの風」はここでも写真撮影のため5分停車するのですが、僕たちは今回はここで下車して貸切バスで霧島神宮へと向かいます。

ちょーパワースポットと、ちょーパワー健康食品!

日本で最初の新婚旅行は坂本龍馬とその妻、おりょうの霧島旅行だと言われていますが、霧島神宮はその際にふたりが訪れた場所のひとつ。

ここは九州でも屈指のパワースポットとして参拝者が絶えないのですが、僕は今回が初めての訪問でした。

霧島神宮で有名なもののひとつが「大杉のご神木」と呼ばれるこの木。

木の枝瘤にあるこれ、何に見えますかね?

「F〇ck Youやってる指!」とかじゃないので、そーゆー穿った見方しかできない人は、僕に2年間くらい弟子入りが必要です。
修業料、1年1000万円で承ります。


実はこれ、ご神木の上に立っている小さな神様の姿だと言われています。

なるほどー!もとい、やっぱりー!
清く正しく美しい心を持ち、煩悩からは全く無縁な僕には最初から「神様」に見えてたんだよな。


さて、帰りの鹿児島空港到着前、最後に酔った、もとい、寄ったのは鹿児島空港のすぐ目の前にある「バレルバレープラハ&GEN」。

鹿児島空港到着前の食事やショッピング立ち寄りで便利な場所にあるのですが、実はここは100年の歴史を誇る老舗麹屋が展開する麹(こうじ)のテーマパーク

しかも今回、ここのショップでなんかすんごいの発見しちゃいました。

知ってた?「前立腺の友!」

なんとストレートなネーミング!これちょっと欲しいぞ(欲しいわ)!

・・・と変な勘違いしないでくださいよ。
この商品は酵素をふんだんに含んでいる麹を使った素晴らしい健康食品なんですから。

一時期、製造が追いつかずお届けが遅れたということがありましたが、飲まない間調子が悪くて…。
自分の体の必需品なんだと感じました。もう製造が追いつかなくなる、なんてことがないようにしてくださいね(笑)

鹿児島に旅行したときに出会った「前立腺の友」。
最近キレが悪いよなぁなんて友人と話していたのでタイムリーな商品でした。
ネーミングもGOOD!最初は効果のほどはよくわかりませんでしたが1か月ほどして実感しました。友人にも勧めています。

ね?

このネーミング聞いて、ちょっとでも煩悩チックな想像しちゃったおともだち、正直に前に出てきて。
先生が2年間くらいかけて清く正しく美しい心を教えてあげるからね。

1年間の修業料、1000万円ねっ!

前立腺の友(Amazon)
イメージ(転用禁止)

<2017年12月訪問> 最新の情報は公式サイト等でご確認ください

はやとの風 基本情報

特急 はやとの風 | JR九州の列車たち ~JR九州 観光列車【D&S列車】・新幹線~
個性あふれる洗練されたルックスやユニークな仕掛けが満載のJR九州の新幹線や観光列車【D&S列車】の紹介です。

僕の関係する会社です。予約はぜひこちらで!

鹿児島のホテル・旅館(るるぶトラベル)

コメント

タイトルとURLをコピーしました