スポンサーリンク

熊本「ホテルドンペリ」が謎すぎるおとぎの国の遊園地だった!

熊本市北区にある「ドンペリ」という名前のラブホテルがすごいと聞きました。

「ドンペリ」といえば、ハマショー(浜田省吾)

純白のメルセデス プール付きのマンション 

 最高の女とベッドでDom Pérignon

 浜田省吾「Money」

と歌ったドンペリのことだと思うので、まさにラブホテルにはぴったりなネーミングなのですが、ここはどうやらそういう雰囲気でもないらしいのです。

いったいどんなドンペリなんだ?

スポンサーリンク

「ホテルよい子。CLUB」

ホテルドンペリがあるのは熊本市街から7、8キロ北、国道3号線の清水バイパス沿いにあるので、バスに乗って行けば比較的便利な場所にあります。

ところが最寄りのJR西里駅からも歩いて20分くらいで行けそうだったので、行きはJRでアクセスしてみると、わりとアップダウンのある心細い感じの道。

ⒸGoogle(転用禁止)

今回は昼間だったからよかったですが、夜だと絶賛肝試しになっちゃうので、公共交通機関をご利用の方はバスをおすすめします。まあ公共交通機関で行くカップルは少ないと思いますが。

その代わりと言ってはなんですが、同じ通りの並びにこんなホテルを発見しました。

このときは「よい子。CLUB」って面白い名前だなあ、と思ったくらいなのですが、この系列の霧島店はなんだかすごいみたいです。

亜美伊新さんって知らなかったけど「ラブホ界のウォルト・ディズニー」らしく、その作品を調べてみたら、僕も結構行ってました。

「ホテルアイネ 香芝店」の冒険/227号室「背徳への渡り廊下の和室」【奈良県】
昭和レトロラブホの金字塔ともいえる奈良県の「ホテルアイネ 香芝店」を冒険したお話の後編。前編はこちら今回は「ホテルアイネ」に数多くある和室の中でも、めくるめく背徳な世界への架け橋であるかのような渡り廊下がある「227号室」を紹介します。「ホ...

今回発見した熊本のお店はシンプルな部屋みたいだけど、霧島は今度行きたいリストに入れておきます。

いよいよ本丸の「ドンペリ」へ

そしてこちらが今回の本丸の「ホテルドンペリ」

ドンペリにしては若干ワンダーな感じの入口が少し気になりますが、入ってみます。

このホテル、バラエティに富んだお部屋のラインナップなのですが、昼間だったせいか、入ってみたかったお目当ての部屋も無事開いていました。

廊下は、ギリギリドンペリでも許す感じですが、客室に入ってみると・・・

えー、ドンペリ?

ドンペリ??

「dp」ってロゴあるけど、ドンペリ?

そうなんです、この211号室、「ドンペリ」という名前とは対照的なファンシーなおとぎの国ルームだったのです。

くまモン県条例により回らない回転木馬

このお部屋の特徴は、なんと言っても回転木馬付きの丸いベッド。いわゆる回転ベッドですね。

ところがこれ、くまモン県の条例により、回っちゃいけないことになっているらしいのです。

本当は回るかもしれないけど、回すと大人の事情でいろいろ面倒なので、回らないことになってる、っていうやつですね。

しかしこれ、現役時代回ってたとき、人々はどういう使い方をしていたんでしょうか?

男女それぞれ回転木馬に乗って遊園地気分を楽しんでいたとか!

それはどんなタイミングで、どんな装いで乗ってたのかな?

それとも単純に回転ベッドとして使ってたとか?

回転木馬が飛び跳ねる中、そんな神秘的な行為が繰り広げられていたのか!

謎に妄想がふくらみますね。

ちなみに天井は全面鏡です

このお部屋、そのほかもいろいろとファンシー感満載でした。

なぜか「Rodeo King」とかもあったけど、これは普通の使い方するためですよね?

謎の器機付きバスルーム

続いてバスルームを紹介しましょう。

いきなりダイナソーがいたりしますが、うしろに小鳥とかもいるので、コンセプトは森なんですかね?

全般的にここもファンシーな感じがしますが、気になったのは端っこにあるシルバーのチェロケースみたいなやつ。

中にチェロでも入っていたら、サンサーンスの「白鳥」くらい弾いてやってもいいぞ、と思ったのですが、どうやらそうではなかったようです。

よく見ると、なんとなく「人の身体にフィットさせたい」感があふれてるデザインにも見えます。

ということで、この利用シーンとか出てこないかな、とGoogleレンズ先生に画像検索で聞いてみることにします。

そんなの出てきたら放送できないっぽいけどどうしよう・・・

Googleレンズ、テキトー!

すでに現代には同じものは出回ってない貴重な物件のようですが、なんとなく水とかお風呂とかエステ的なキーワードが出てきたので、そんな感じであとは各自でご想像ください。

廊下に飾ってあるお酒もぜんぜんドンペリじゃない説・・・

そんなわけでこの「ドンペリ」、名前にくらべておとぎの国すぎるし、かなり謎も多いホテルだったけど、なかなか楽しめておすすめですよ!

<2023年2月訪問>  最新の情報は公式サイト等でご確認ください

ホテルドンペリへの旅

システムメンテナンスのお知らせ
熊本市の遊び・体験スポット - じゃらんnet
熊本市の遊び・体験スポット。じゃらんnet掲載中の熊本市の観光スポットを、ジャンルや口コミランキングなどからご紹介。おすすめのANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイや温泉カフェあがんなっせなど。熊本市のおすすめ観光スポットを探すならじゃらんnet。

 

ホテルドンペリの基本情報

DOMPERI
ご来店お待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました