スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

春色の汽車に乗って、新しい春に出会う旅【和歌山電鐵】

松田聖子さんの「赤いスイートピー」の 『春色の汽車に乗って 海に連れて行ってよ』 という歌いだしの部分、みなさんは春色の汽車と聞いてどんな列車が思い浮かびますか? 僕は今、この歌を聞くと、和歌山電鐵を思い出...
B級スポット/珍地名

しゃちょーのガイド付き早朝散歩が面白い!【宇奈月温泉・延楽】

「延楽」といえば富山県の宇奈月温泉を代表する老舗の名旅館。 ということでここは極めて正統派で重厚で高貴かつコンサバティブな旅館なのですが、1つだけナナメ上行っちゃってるサービスがあるんです。 しかもそれを僕の知ってる...
絶景ものがたり

なんだか希望が見えてくる。小岩井農場の一本桜【岩手県】

僕は以前絶景写真集が好きでよく見ていた頃がありました。 そこで偶然目にしたのが岩手・小岩井農場の一本桜。雄大な岩手山を背景にして、満開の桜の花びらをたたえながら、広い大地にたったひとりで凛と立つその姿は、見事というほかあ...
スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

羊をめぐる冒険ホテル 「青い星通信社」【北海道・美深町】

北海道の北のほう、人口約5000人にも満たない小さな町に、まるで村上春樹の「羊をめぐる冒険」に出てくるかのような小さなホテルがあるのだといいます。 その話を聞いた瞬間、これは僕が行かなくてはならないホテルだ、と思ったのでし...
B級スポット/珍地名

珍名をめぐる旅 「ヤリキレナイ川」【北海道・由仁町】

僕のバイブルの一冊に 安居良基氏の名著「世界でもっとも阿呆な旅」という本があります。 これはタイトル通り「スケベニンゲン」とか「エロマンガ」とかアホ、マルデアホ、シリフケ…みたいな珍名スポットにただ行ってみるだけの、一般...
絶景ものがたり

ローソク島遊覧船で隠岐屈指の絶景を【島根県・隠岐の島】

後鳥羽上皇、後醍醐天皇、そして僕。 いにしえより高貴なる人間が流され、悪事を償い、煩悩も捨て、自らを省みる島が隠岐。 その隠岐の中でもとっておきの絶景地、かつ懺悔の場所がローソク島と呼ばれる水中に立つ奇岩。 ...
B級スポット/珍地名

えっ、足湯の新幹線? 山形新幹線「とれいゆつばさ」

足湯新幹線、ご存知ですか? 読んで字の通り、なんとびっくり、足湯がついてる新幹線があるんです。 それが山形新幹線の「とれいゆつばさ」。 もちろん前からこういう列車があるのは知っていたのですが、秋田からの帰り、偶...
エモ旅 ‐emotionalな場所

「なごり雪」が流れる駅【大分県・津久見駅】

フォークシンガーのイルカさんが唄った名曲「なごり雪」。 この「なごり雪」 がホームの発着メロディになっているのは、大分県の津久見駅。 なごり雪って、確か東京から去っていく君を唄った歌のはずですよね。 なぜこ...
絶景ものがたり

北国の春の幻想 ほたるいかの身投げ【富山県・滑川市】

Ⓒ滑川市観光協会(転用禁止) 北国の遅い春、 風がなく月明かりもない夜に、富山・滑川では群れをなした「ほたるいか」が海岸に打ち上げられ、青白く光りながら息絶えていく、という美しくも儚い、幻想的な情景が見られるのだと言います。 ...
ショートストーリー

たまらん坂/多摩蘭坂 バス停ものがたりVol.2【東京都・国立市】

「私、たまらん坂に住んでるの」 彼女がそういうと、まるで誰かがかわいい童謡の一節を歌っているかのように聞こえました。 たまらん坂? 僕がそう聞き返すと、彼女はそれが国立と国分寺のちょうど市境にある坂であること、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました