名曲

スポンサーリンク
B級スポット/珍地名

人生一発大逆転!観音寺・銭形砂絵と伊吹島 【2016瀬戸内国際芸術祭】 

瀬戸内国際芸術祭が行われている「西の島々」の中でも一番西、愛媛県境にほど近い場所にあるのが、伊吹島。 その伊吹島へは香川県の西端の都市、観音寺からのアクセスとなります。 今回は伊吹島と、その玄関口、観音寺をぶらぶらと...
エモ旅 ‐emotionalな場所

ただいま、セトゲー&はじめまして西の島々!【2016瀬戸内国際芸術祭/粟島】

セトゲーこと、瀬戸内国際芸術祭。僕は瀬戸内の美しい島々を舞台に3年に一度開催される、この現代アートの祭典が大好きなのです。 娘がまだ小さいとき、夏休みに苗場とか越後湯沢とか上越国際とか、よく新潟の高原に泊まりに行っていたの...
ショートストーリー

渡良瀬橋【栃木県足利市】

1万円で行ける旅の記事を書いてほしい。場所はどこでも好きなところでかまわない。 とあるカメラ雑誌からそんな依頼があったのは、猛暑だった今年の東京にもようやく朝晩の涼しさが感じられるようになった10月半ばのことでした。発売は1...
スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

昭和の香りと井上陽水 ~平成筑豊鉄道と日田彦山線【福岡県】

かつてまだ石炭が「黒いダイヤ」ともてはやされ、炭鉱の産地が元気だった頃、福岡県の筑豊地方には網の目のように鉄道路線が張り巡らされていました。 時代が変わり炭鉱が去った今、筑豊からは多くの線路が引きはがされてしまったのですが...
エモ旅 ‐emotionalな場所

北大の紅葉と伝説の老舗喫茶「ミルク」【札幌市】

北大の紅葉なんて、きれいだなんて思ったこともないし、在学当時は全然気にもしていませんでした。 僕がこの学校に通っていたのは19~23才の5年間(普通より1年遅くてかつ1年多いけど気にしない)。 当時の僕は、ときどき通...
ショートストーリー

夏の終わりのなごり雪【大分県】

謎の美女、というイメージのわりには、彼女は薄く壊れやすいガラスの幕のような、透明なベールをまとっているように見えました。いや、そもそも謎の美女というのは僕が勝手に思い込んでいただけで、別に彼女が自分で謎の女だと言ったわけではありま...
ショートストーリー

花のように花のように ~奄美の夜~

勇気をしぼってその小料理屋ののれんをくぐると、カウンター越しに予想外に若い女性が一人、所在なさげに佇んでいました。店内には他に客はありません。 視線があった時、瞳の奥にちょっと戸惑いの漣がたったように見えましたが、彼女はすぐ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

春色の汽車に乗って、新しい春に出会う旅【和歌山電鐵】

松田聖子さんの「赤いスイートピー」の 『春色の汽車に乗って 海に連れて行ってよ』 という歌いだしの部分、みなさんは春色の汽車と聞いてどんな列車が思い浮かびますか? 僕は今、この歌を聞くと、和歌山電鐵を思い出...
エモ旅 ‐emotionalな場所

「なごり雪」が流れる駅【大分県・津久見駅】

フォークシンガーのイルカさんが唄った名曲「なごり雪」。 この「なごり雪」 がホームの発着メロディになっているのは、大分県の津久見駅。 なごり雪って、確か東京から去っていく君を唄った歌のはずですよね。 なぜこ...
ショートストーリー

たまらん坂/多摩蘭坂 バス停ものがたりVol.2【東京都・国立市】

「私、たまらん坂に住んでるの」 彼女がそういうと、まるで誰かがかわいい童謡の一節を歌っているかのように聞こえました。 たまらん坂? 僕がそう聞き返すと、彼女はそれが国立と国分寺のちょうど市境にある坂であること、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました