スポンサーリンク
絶景ものがたり

オトンルイ風力発電所と北緯45度の駅長さん【宗谷本線/幌延駅】

日本海オロロンラインとは、札幌の隣町、石狩市から稚内までの日本海に沿った300キロ近い道路の総称。 「オロロン」という名前はこの沿岸にある天売島に棲む海鳥であるオロロン鳥(ウミガラスの別名)に由来しています。 留萌の...
絶景ものがたり

朝靄の釧路湿原サルボ展望台と日本で一番美しい紅葉ロード【釧網本線・塘路駅/川湯駅】

ある年、僕がナビゲーターとして旅行ガイドを執筆しているWebサイト「トラベルjp」で北海道の絶景車窓をめぐる記事を書くためにめぐった「北海道絶景鉄道写真の旅」のVol.2。 雄大な釧路湿原の中を行く釧網本線の列車をサルボ展...
絶景ものがたり

「天に続く道」Vol.2 ~日没&朝編【北海道/斜里町】

北海道知床半島の玄関口、斜里町にある「天に続く道」。 まるで天まで上るかのようにどこまでもまっすぐに続く一本道はいつ見ても素晴らしいのですが、特に9月下旬から10月上旬にかけての日没の時間が一番美しいのだと言われています。...
絶景ものがたり

「天に続く道」Vol.1~暴風雨とリベンジ編【北海道/斜里町】

北海道知床半島の玄関口、斜里町にあるその道の名は、誰がつけたか「天に続く道」。 それはその名の通り、眼下に続く丘陵をアップ&ダウンしながら、いくつもの集落を越え、まるで天まで上るかのようにどこまでもまっすぐに続く一本道です...
絶景ものがたり

奇跡の「日本で一番美しい道」に出会う旅へ 【北海道/美瑛町】

あるとき『日本で一番美しい道』と名づけられたYou Tubeの動画を偶然発見しました。 それは秋の北海道の美瑛の近くの、とある道路。雲一つない青空の下、真っ白な雪山をバックに、鮮やかな赤や黄色に色づいた木々、そして信号も電...
絶景ものがたり

「海に消える道」長部田海床路に昼夕2回行ってみた!【熊本県】

日本一干満の差が激しい有明海で、潮が引いたときにだけ現れる道のひとつ「長部田海床路(ながべたかいしょうろ)」。 満潮時、海上に街灯だけが続く不思議な光景が、アニメ「千と千尋…」の世界のようだと話題になり、今や大人気の映えス...
エモ旅 ‐emotionalな場所

馬見原と日向往還/山頭火になってみる旅【熊本県/宮崎県】

日向往還(ひゅうがおうかん)は、肥後(熊本県)と日向(宮崎県)を結ぶ、旧道。 その国境近くの宿場町「馬見原」は往時の雰囲気を色濃く残していると言われていて、前から行ってみたい場所でした。 またこのあたりは種田山頭火の...
B級スポット/珍地名

止まれの14連チャン!群馬の止まりすぎる道路【群馬県・大泉町】

群馬県の大泉町。 ここは富士重工などの工場集積地に近いため、外国人の労働者が多い地域なのですが、特にブラジル人が多く、日本のブラジルとして有名な町です。 この「日本のブラジル」めぐりも楽しいのですが、ここにはもうひと...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました