スポンサーリンク

浜松うなぎパイファクトリーで「夜のお菓子」大研究【静岡県】

浜名湖名産「夜のお菓子」春華堂の「うなぎパイ」

昭和から平成の時代、東京で働くOLの80%が、たまたま浜松あたりに出張に行ったおっさんに、

「ほら、夜のお菓子だよ。今日はこれ食べて精力付けて…(以下略)」

と言われたことがある、という統計もあるようですが(テキトー)、まあ誰もが「にやっ」としてしまう、有名なお菓子であることは間違いありません。

今回はその「うなぎパイ」の工場「うなぎパイファクトリー」に潜入し「夜のお菓子」のすべてを探ります。

スポンサーリンク

「うなぎパイファクトリー」へは浜松駅から電動うなくんで!

うなぎパイファクトリーは浜松郊外、電車もバスもいまいちアクセスが悪いところにあります。

マイカーの方はどうぞ車で、という感じですが、車のない旅人には困った場所でもあります。

そんなみなさんへのおすすめは、浜松駅前でレンタサイクル「夜のお菓子うなくん」号を借りること。自力うなくんと電動うなくんがありますが、片道10キロありますので、できれば電動うなくんがいいでしょう(※レンタサイクルの名称はテキトー)

浜松市街を西に10キロほど進むと、こんな看板が現れました。

こんな看板にもやはりもれなく掲げてますね、「夜のお菓子」のキャッチコピー

うなぎパイファクトリーは土日祝日も休まず営業していて、個人は予約なしで自由に見学ができるため、この日も大勢の人がいました。

敷地内に入ると、いきなり巨大うなぎパイを積んだラッピングトレーラーが!

すごいなー、これ。
この展示のためだけに作ったのかなあ。それともこのまま道路を走ってラッピングトレーラーとして宣伝するのかなあ。

いざ「夜のお菓子」の秘密に迫る

うなぎパイファクトリーは、工場というよりは、もう立派な観光スポットになっている感じです。
中に入ると、まるでどこぞのミュージアムかのような造り。

個人の見学客も予約なしで入ることができて、こんなお土産がもらえます。結構うれしい!

まず最初に2階から製造ラインを見学する形になります。

おおおおおおおお、うなぎパイが流れてる。
これ全部食いたいぞ!

そのあとはシアターで「うなぎパイができるまで」みたいな映像の上映。これはよくあるパターンですね。

しかしこのあと突然その秘密は明かされます。

通路にあった「うなぎパイQ&A」のボードに、なんといきなりこの世の中の本質をえぐるような鋭い質問が。

さあ、みなさん、ここは勇気を振り絞って答えるしかありません。
恥ずかしがることはないですよ!

さん、にい、いち、はいっ!

そう、答えは

「うなぎパイの『夜のお菓子』とは、家族団らんのひとときに召し上がっていただきたい、という意味」ですよ。

(…ちょっと間違えて妄想しちゃった貴女、恥ずかしくないよ!人生にはよくあることさ、ドンマイ!)

ちなみにさっきの坊やは「うなくん」という浜松出身の男の子。
趣味はうなぎのじゅもん体操を踊ることで、口癖は「うなぎパイは『手作り』がいのち!」

小春ちゃんという彼女と夜のお菓子を一緒に食べるのが日課だそうです。。。(マーカーに深い意味はありません)

なんと「真夜中のお菓子」も発見

館内にはセルフタイマー撮影用の台も用意されて、どデカいうなぎパイと記念撮影できるスペースもあります。

若いカップルが、夜のお菓子を挟んで両側に立って、ピースとかしてるのを見ると、実に爽やかで清々しい気分になります。

よく見ると、手すりもうなぎになってる。結構芸が細かい

そして館内には「UNAGI PIE CAFE」という、結構しゃれおつな感じのカフェが。

この「うなぎパイカフェ」、東京・表参道に期間限定で出店して、大人気だったそうです。
その時の人気メニューが、なんとここでも表参道価格で絶賛発売中のよう。

この定番の「うなぎパイミルフィーユ仕立て」は1,050円(税込)と、まあそこそこの値段ですが、表参道で一番人気だった「4種のうなぎパイ&メルティングショコラ」セット1.980円(税込)とか、つつましい4人家族のガストランチ並みやでー!

1階にはショッピングコーナーがあり、うなぎパイが山のように売られているのですが、そこでなんと「真夜中のお菓子」を発見!

「うなぎパイV.S.O.P」

うなぎパイを極めた、『真夜中のお菓子』・・・・・そんなにスゴイ効果があるのかぁぁぁぁぁぁぁ!!!

って、絶対狙ってますよね。
やるなあー春華堂。

ⓒ春華堂(転用禁止)

5本入り981円、とつつましいカップルのガストランチ並みのお値段だったのですが、真夜中の幸せをプレゼントしたくて、会社の仲間のために25本も買ってしまいました!

中庭の移動カフェも楽しい!

うなぎパイファクトリーの中庭には、移動カフェ「うなくん号」がありました。

この自転車の坊やが、うなくん

小春ちゃんと夜のお菓子友達です。
若いのに、やるやないかい~

いろいろメニューはあったのですが、やはりフツーのかき氷とか食べても面白くないだろう、ということで、「うなぎパイジェラート」に挑戦してみました!

ずいぶん可愛い外見ですが、開けてみるとなんとびっくり!

アイスクリームの上には精力満点の夜のお菓子がこれでもか、というほど載っています。

そのままでは食べてしまうと、夜のお菓子の効能が効きすぎて危険だということなので、いったんうなぎパイは上蓋に移して、適宜アイスに混ぜながらサクサク感とともにお楽しみください、ということでした。

もちろんうまかったです

夜のお菓子効果は、残念ながら臨床実験の機会がなかったため証明できませんでしたが、夜のお菓子パワーのお陰か、GW最終日のこの日もレンタサイクルで50キロ走って、翌日、日に焼けた精悍な顔で出社し、真夜中のお菓子を配りまくって、GW明けで5月病の女子たちの心をひとり占めしてしまう、という効果はあったようです。

<2016年5月訪問> 最新の情報は公式サイト等でご確認ください

うなぎパイファクトリーの基本情報

うなぎパイファクトリー 公式サイト - 浜松市で工場見学を楽しもう!
2016年4月より放送 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、2017年1月より放送 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台 静岡県浜松市の観光浜名湖周辺観光の際には、うなぎパイファクトリーにぜひお立ち寄りくださいませ。工場見学ツアーはもちろん、話題のうなぎパイカフェやお土産販売コーナーもございます。

僕の関係する会社です。予約はぜひこちらで!

浜松のホテル・旅館(るるぶトラベル)

コメント

タイトルとURLをコピーしました