スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

渋沢栄一とふっかちゃん!深谷のパワーが意外とすごい【埼玉県】

あるときはNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公で、2024年からの新1万円札の顔となる「渋沢栄一」の出身地。 またあるときは人気ゆるキャラとして知られる「ふっかちゃん」の住む町。 それが埼玉の県北部にある深谷市なの...
エモ旅 ‐emotionalな場所

隈研吾デザインの駅と懐かし色ディゼルカー【JR烏山線/宝積寺駅】

栃木県の宇都宮から少し先、東北本線からJR烏山線が分岐する「宝積寺駅」。 この駅は2020年東京オリンピックの新国立競技場の設計を行うことになった建築家、隈研吾さんがデザインした駅です。 近いと言えば近いし、遠いと言...
エモ旅 ‐emotionalな場所

のびしろ日本一!?常陸太田「鯨ケ丘」の古い町並み【茨城県】

水戸からJRで30分ちょっとのところに常陸太田というまちがあります。以前、仕事でこのまちの方と知り合いになり、いろいろ話を聞いているうちにいつか行ってみたいと思っていたのでした。 佐竹藩の城下だった古くて渋い町並みもあるら...
スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

なかなかやるやん、ひたちなか海浜鉄道と国営ひたち海浜公園【茨城県】

上野あたりの駅にいると、よく常磐線の「勝田行き」という列車をみかけるのですが、勝田とは水戸からひとつ先、現在は合併してひたちなか市と呼ばれている町の駅。 ある年の春、そのひたちなか市民球場に高校野球を見に行ったことがあり、...
B級スポット/珍地名

仙台大観音 ―晴れてないけど巨大仏を見に―【宮城県・仙台市】

僕の尊敬する日本一テキトーなトラベルエッセイストで、「晴れた日は巨大仏を見に」という名著を出している宮田珠己さんが、もっとも印象に残ったと言っていた仙台大観音。 その高さは100m。仙台郊外のニュータウンの街並みのなかに、...
エモ旅 ‐emotionalな場所

大正モダンガールと、分水嶺のお別れ【広島県府中市上下町】

広島県の府中市上下町は「分水嶺」と呼ばれる山脈の上の境目の町で、ここに降った雨は北は日本海へ、南は瀬戸内海へと2つの川に分かれて流れる、と言われています。 おまけにそこにはかつて幕府の天領として栄えた面影を残す白壁・なまこ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

足立美術館のち難攻不落の天空の城、月山富田城【島根県】

足立美術館はミシュラングリーンガイドジャポンで三ツ星に評価され、今や日本を代表するクールな庭園として有名。 GWに隠岐をめぐり、本土に戻って山陰を観光する機会があったので、混んでるだろうなとは思いつつ寄ってみたら想像通りの...
エモ旅 ‐emotionalな場所

日本で一番風流な、大人への通過儀礼【京都・法輪寺十三まいり】

京都に十三詣り(参り)という、とても風流な通過儀礼があると知り、ぜひそれを経験してみたいと思っていました。 ただしそれは数え年13歳の子供たちが行う祝い事なので、チャンスは一生に一度だけ。もう自分ではできません。 そ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

日本一口下手な「恐竜の足跡」,「神流町恐竜センター」【群馬県】

日本の恐竜の町、といえばなんといっても福井県勝山町。あそこの福井県立恐竜博物館は土日や夏休みともなるとティラノキッズやらトリケラガールやらで、連日大変な賑わいである、と聞いています。 そんな中、このぐんまちゃんにも「恐竜の...
絶景ものがたり

島のおねーさんもうっとり!赤尾展望台激坂サイクリング【隠岐/西ノ島】

後鳥羽上皇、後醍醐天皇、そして僕。 いにしえより高貴なる人間が流され、悪事を償い、煩悩も捨て、自らを省みる島が隠岐。 そんなわけで今なお絶海の孤島の雰囲気が漂う隠岐諸島。公共交通機関も少なく、島によっては繁忙期はレン...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました