スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

射的に卓球、千と千尋の神隠しの宿【長野・渋温泉/後編】

渋温泉は渋いぞ!(別に親父ギャグではない)ということで渋温泉に行ってみたお話の後編。 温泉に来ると、普段はホテルでゆっくりすることが多く、特に夕食後に外を出歩くことはめったにないのですが、渋温泉は夜の温泉街散策も楽しい、と...
エモ旅 ‐emotionalな場所

渋温泉の九湯めぐりでドイツ人と国際交流【長野・渋温泉/前編】

(結構毎年のことですが)僕は年末年始を文字通り隅から隅まで、ひとりテキトー旅で過ごすので、年明けの3連休くらいに大変企画性の高い家族旅行で帳尻を合わせることがあります。 この時はたまたま会社の同僚が年末に渋温泉に行って、渋...
B級スポット/珍地名

一生に一度は行きたいウラ善光寺「お戒壇めぐり」【長野県】

古来より「一生に一度は善光寺詣り」と言われる長野県の善光寺。 僕はもちろん一度どころではなく三度、四度とお詣りしていますが、実は善光寺にはウラ善光寺めぐりと呼ばれる(僕が勝手に呼んでいる?)「お戒壇めぐり」というものがあり...
スポンサーリンク
絶景ものがたり

房総のワンダーすぎる素掘りトンネルめぐり ②~濃溝の滝と亀岩の洞窟/燈籠坂大師の切り通し

洞窟に射し込む光が水面に反射してハート形になる様子がSNSで拡散され、あっという間に話題の映えスポットになった感のある千葉・房総半島の「濃溝の滝・亀岩の洞窟」。 この映えスポットとしてよく写真に撮られているのは「亀岩の洞窟...
B級スポット/珍地名

房総のワンダーすぎる素掘りトンネルめぐり ~共栄・向山トンネル/永昌寺トンネル/月崎トンネル【千葉県】

房総半島は、天然の穴があちこちにあると同時に、人の手によって掘られたトンネルも多い土地として知られています。 なんでも地層がやわらかく人の手でも掘りやすいため、素掘りトンネルが多く作られたのだそうですが、その中には今や他の...
絶景ものがたり

舐めたらあかんが超絶景!鋸山が日本離れしすぎてた【千葉県】

千葉県の房総半島にある鋸山は、日本離れした景観が楽しめる絶景スポットだということは知っていました。 けれどもその標高は329.5m、ふもとからはロープウェイも出ているし、正直それほど困難もなくその絶景が楽しめるのだと思って...
ショートストーリー

クリスマス エクスプレス 【東京~徳山】

🄫写真AC(転用禁止) 今からもう25年くらい前、そう、ちょうどバブルが絶頂だった5年間と時を合わせるように、JR東海のCMに「クリスマスエクスプレス」というシリーズがありました。 山下達郎さんの「クリスマス イブ」をBGMに...
エモ旅 ‐emotionalな場所

いざ初めての「ウポポイ(民族共生象徴空間)」へ【北海道白老町】

「ウポポイ」。 この不思議な語感のアイヌ民族文化施設の名前がアイヌ語で「(大勢で)歌うこと」という意味だと知ったとき、僕はなぜだかここにすごく行ってみたくなりました。 大学時代を北海道で過ごし、その後も毎年北海道を訪...
B級スポット/珍地名

モアイ像に頭大仏!真駒内滝野霊園がワンダーすぎる!【札幌市】

札幌の南、真駒内からさらに山あいに進んだところにある滝野霊園。 ここが「霊園」という暗いイメージからかけ離れた壮大なワンダーなスポットである、といううわさはずいぶん前から聞いていましたが、実際どんだけすごいのか? そ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

アイヌの聖地、二風谷コタンへ【北海道・平取町】

北海道平取(びらとり)町の二風谷(にぶだに)地区は、人口の過半数をアイヌ人が占めていて、北海道内でアイヌ人の比率が最も高い地域。 ここには「二風谷コタン」と呼ばれ、アイヌ文化を伝える博物館や資料館、土産店などが並んでいる一...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました