駅・鉄道

スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

『鉄道員(ぽっぽや)』駅にさよなら【北海道・幾寅駅(幌舞駅)】

北海道・根室本線の幾寅駅は、故高倉健さん主演の映画、『鉄道員(ぽっぽや)』のメインロケ地、幌舞駅として登場した駅。 駅周辺には今でもロケに使われたセットが残っていて、健さんファンの隠れた聖地となっています。 僕は特に...
エモ旅 ‐emotionalな場所

さようなら、2階建て新幹線E4系 ~Maxラストランの前に

上越新幹線を走っている2階建て新幹線「Max」が2021年の秋で営業運転を終える、ということで、別れを惜しむファンがたくさんいるのだそうです。 僕にとってのMaxは、群馬の実家に帰る際にいつもなにげなく乗っていた、とりたて...
エモ旅 ‐emotionalな場所

どうか、みんなの願いが叶いますように。JR九州「流れ星新幹線」

JR九州は僕の好きな会社です。女の子にならともかく、普段はあんまり人の会社のことを「好き」なんて言ったりしないのに、この会社にだけは言っちゃいます。好きです、と。 JR九州にはいつもやられっぱなしです。くやしいくらいやられ...
スポンサーリンク
エモ旅 ‐emotionalな場所

めちゃくちゃ空いてたJR九州特急「海幸山幸」乗車記【宮崎県】

JR九州を走る人気の観光特急「海幸山幸(うみさちやまさち)」。 2両編成の車両は贅沢なレイアウトになっているため、定員数が少なく繁忙期はなかなか予約が取れない人気の列車だと言われています。 ところが僕が乗った時は、コ...
エモ旅 ‐emotionalな場所

渋沢栄一とふっかちゃん!深谷のパワーが意外とすごい【埼玉県】

あるときはNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公で、2024年からの新1万円札の顔となる「渋沢栄一」の出身地。 またあるときは人気ゆるキャラとして知られる「ふっかちゃん」の住む町。 それが埼玉の県北部にある深谷市なの...
エモ旅 ‐emotionalな場所

隈研吾デザインの駅と懐かし色ディゼルカー【JR烏山線/宝積寺駅】

栃木県の宇都宮から少し先、東北本線からJR烏山線が分岐する「宝積寺駅」。 この駅は2020年東京オリンピックの新国立競技場の設計を行うことになった建築家、隈研吾さんがデザインした駅です。 近いと言えば近いし、遠いと言...
エモ旅 ‐emotionalな場所

なかなかやるやん、ひたちなか海浜鉄道と国営ひたち海浜公園【茨城県】

上野あたりの駅にいると、よく常磐線の「勝田行き」という列車をみかけるのですが、勝田とは水戸からひとつ先、現在は合併してひたちなか市と呼ばれている町の駅。 ある年の春、そのひたちなか市民球場に高校野球を見に行ったことがあり、...
B級スポット/珍地名

氷見まんがロードのハットリくんと笑ゥせぇるすまん【富山県】

金沢と能登の七尾を結ぶ「花嫁のれん」という観光列車があります。 和倉温泉に家族で行った帰りにこの列車に乗ろうと思ったのですが、運行を始めてまだ間もない頃だったため、1か月前の発売前から事前予約を入れていたにもかかわらず人気...
エモ旅 ‐emotionalな場所

「日本の原風景に出会う旅」天竜二俣駅と転車台ツアー【静岡県】

静岡県浜松市の山奥にある「月」という集落を訪れたときに下車した天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅。 天竜浜名湖鉄道は「日本の原風景に出会う旅」をキャッチコピーにするレトロなローカル線。 その中心、天竜二俣駅は「登録有形文化財...
エモ旅 ‐emotionalな場所

浜名湖サイクリングで三日美人を探索【静岡県/天竜浜名湖鉄道】

浜名湖の北側に沿って静岡県の新所原駅と掛川駅を結ぶ天竜浜名湖鉄道(天浜線)。 古きよきレトロな鉄道施設が数多く残り、全長67.7kmの区間に36件もの国の登録有形文化財があります。 そこでフリー切符を買って、1日ゆっ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました