スポンサーリンク

日本一口下手な「恐竜の足跡」,「神流町恐竜センター」【群馬県】

日本の恐竜の町、といえばなんといっても福井県勝山町
あそこの福井県立恐竜博物館は土日や夏休みともなるとティラノキッズやらトリケラガールやらで、連日大変な賑わいである、と聞いています。

そんな中、このぐんまちゃんにも「恐竜の町」を標榜し、「サウルスくん」というゆるキャラまでいる町があるのです。
それが群馬のチベットと言われる奥多野地方にある「神流町」

あれっ?どこかで聞いたことあるぞよ、と思った方、貴殿はこの「日本に、もっと恋する旅」の熱心な読者として、ここにこれを表彰します、というレベルの貴重なお客様です。いつもありがとう!

そうなんです、以前「日本一口下手なこいのぼり祭りの町として紹介したこの神流町は、「日本一口下手な恐竜の町」でもあったのです!

スポンサーリンク

日本一口下手な「恐竜の足跡」

以前「日本一口下手なこいのぼり祭り」として紹介した神流町こいのぼりまつり

群馬のチベットに口下手な鯉のぼり?かんな鯉のぼり祭り【群馬県】
「未開の地グンマー」と呼ばれる群馬の中でも筋金入りの山奥、「日本のチベット」と言われているのが、県の南西部を占める奥多野と呼ばれる地域。その入口にある神流(かんな)町で、毎年GWに行われるのが「かんな鯉のぼり祭り」。...

今回は紹介する恐竜タウンはそのこいのぼりまつりが行われている神流町の中心部からさらに車で20分走り、合併前は「中里村」と呼ばれていた地域にあります。

この旧中里村の中心部(と言っても村役場の建物くらいしかない)から秩父方面への国道299号(と言っても車のすれ違いも困難な一車線の急峻な山道)を2~3キロ進むと道端に突如現れるのが、恐竜の足跡

これは「漣岩(さざなみいわ)」と呼ばるれ、約1億3000万年前の白亜紀に水の流れたあとがそのまま残った崖なのですが、この岩に残る不思議なくぼみが、1985年に恐竜の足跡である、と認定されたのです。
なんとこれが日本で初めて認められた恐竜の「足跡化石」なのです。

この横と縦にあるポツポツが足跡なんだそうです。

この足跡が発見された頃、まだ僕は群馬に住んでいたのですが、地元ではそれなりのニュースになっていたようで、どうやら浪人中に原チャリだか友達のクルマだかに乗ってここに一度来たことがあるらしいのです(FBにアップしたら、友達から昔行ったよねーと言われて思い出しました・・・)。

そーいえば、この道を通って、そのまま小鹿野やら秩父やらまで遊びに行ったことがあるような気がします。
毎日が日曜日!がキャッチフレーズだった僕たちは、浪人時代、あまりにいろんなところにドライブらやツーリングやらに行っていたので、すっかり忘れてました。

何やってたんだ、浪人時代の俺!

この発見がきっかけとなって、旧中里村は『恐竜王国 中里』と自らを名乗り、その後中里村の中心に恐竜センターが開館したことにより「日本の恐竜タウン」の仲間入り、となったのです。

おー、わざわざ福井まで行かなくてもここにあるじゃん恐竜博物館!

と言えるレベルかどうかはわかりませんが、さっそく入ってみます。

日本一口下手な「神流町恐竜センター」

「恐竜王国 中里 神流町恐竜センター」は旧中里村の中心部から少し西(チベットの奥地方面)にあります。

同じ恐竜王国を名乗ってはいても、福井の県立恐竜博物館とはくらべものにならないほど質素な佇まいですな。

しかし中は意外に広くて、本館と別館、その間に設置された野外展示など9つのゾーンに分かれて展示があります。

おお、これが恐竜の足跡発見を伝える新聞の第一報。
昭和60年、もう30年以上も昔のことだったんですねー

奥に進むと小さいながらも ライブシアターがあって博士とサウルスくんが案内してくれます。

意外とイケメンの博士

中庭にはティラノサウルスの骨格の標本があるのですが、普段は触ることのできない恐竜の標本にここではなんと自由に乗ることもできる、というのがウリのようです。

そしてここがこの博物館のメインステージ、「モンゴルの恐竜たち」の展示コーナー。

ささやかですが、実物大の恐竜全身骨格があります。
しかしなんでモンゴルなんだ?と思ったのですが、どうやらここにあるのはモンゴルで発見された恐竜の化石らしいのです。

そんなわけで、なぜかこの展示場の端っこにモンゴル衣装を着て記念撮影ができるコーナーがありました。
恐竜にはあまり興味を示さなかった嫁と娘ですが、この仮装コーナーはぜひやりたい!ということで張り切って記念撮影。

(・・・嫁画像は割愛)

おとーさんの狙いとはちょっと違うんですが、まあ楽しんでるなら良しとしましょう。。。

館内では化石レプリカ制作体験ができるほか、土日や夏休みは恐竜の足跡遺跡の近くで化石発掘体験もできるようです。
特に化石発掘は毎回大人気なんだそうです。

僕はまだ行ったことないのですが、福井の県立恐竜博物館には恐竜の全身骨格が43体もあるそうですので、こことはやっぱり規模が違いますね。
夏休みの北陸家族旅行で、今度は福井の恐竜博物館にも行く予定だからさーと言うと、嫁と娘に、ここで見たからもういいんじゃない、と言われてしまいました。
まあ女子はそんなもんなんでしょうね。男の子だったらそれなりに楽しめる施設だと思います。

そんなわけでこの「恐竜王国 中里」、福井まで行くと交通費も宿泊費もかなり痛いなあー、なんとか近場ですませるわけにはいかんだろうか、という控えめな家計のご家族にはおススメです。

「日本一口下手な恐竜タウン・神流町」、ぜひ応援してあげてください!

神流町恐竜センター|恐竜骨格の展示や化石発掘体験ができる!
神流町恐竜センターでは、恐竜骨格の展示や化石発掘体験、レプリカ作製体験が楽しめます。恐竜の化石や標本などを本館と別館で展示。野外展示のティラノサウルス産状骨格(12m)もあります。

<2016年5月訪問> 最新の情報は公式サイト等でご確認ください

恐竜の足跡/神流町恐竜センターへの旅

神流川流域・藤岡のホテル・旅館・宿<群馬県>│おすすめ宿泊予約【JTB】
神流川流域・藤岡<群馬県>のホテル・旅館・宿の宿泊予約なら【JTB】。GoToトラベルキャンペーン対象施設も、旅行・出張に嬉しいお手頃価格プランも、特別な日のお祝いプランも、あなたにぴったりの旅行がきっと見つかります。
群馬のホテル・旅館 - 宿泊予約は【じゃらんnet】
じゃらんならおすすめ宿のお得な期間限定プランが満載。当日/直前のオンライン予約もOK。ホテル旅館の宿泊予約は国内最大級の旅行情報サイト<じゃらんnet>
藤岡・碓氷・磯部・妙義の遊び・体験スポット - じゃらんnet
藤岡・碓氷・磯部・妙義の遊び・体験スポット。じゃらんnet掲載中の藤岡・碓氷・磯部・妙義の観光スポットを、ジャンルや口コミランキングなどからご紹介。おすすめの群馬サファリパークや猪田温泉 絹の湯 久恵屋旅館など。藤岡・碓氷・磯部・妙義のおすすめ観光スポットを探すならじゃらんnet。

コメント

タイトルとURLをコピーしました